避難解除になった小高町の様子をお知らせします

2019年5月

小高の通り、車もだいぶ増えました。

2018年1月

2017年12月

こんなチラシが届きました。
小高町の中心部でイルミネーションをやるようです。
行ってみましょう。
小高交流センターもでき、駅前も少しずつ賑わいを
取り戻しています。
 
中はとてもきれいで、子供の遊び場も充実しています。
こちらは小高のぷらっとホームの様子です!
楽しい時間とお茶を頂きました!
放射線の不安と帰還についてお話も聞けました!

2018年8月

作家の柳美里さんが小高に移り住み、書店を営まれています。
小高駅はまだ、電車の本数が少なく電車待ちする高校生の集う場所として本屋を考えられたとか。
真新しい店内には、本が数千冊。
柳さんのサイン本も並んでいます。
年明けて実物が見れました。小高メイの家。
屋根の上には猫バスです。
途中の風景。
普請中の家が目立ちます。
小高に有った4つの小学校(小高小、福浦小、金房小、鳩原小)は小高小学校に集まり合同授業を行っているとか。
復興 道半ばということでしょうか。
夕暮れの小高駅。
道にゴミは無く、花壇も整備されています。
イルミネーションもきれいに輝くことでしょう。

2017年10月

常磐自動車道横の乗馬クラブ「みちくさ」さんを訪ねました。

放し飼いの馬が草を食んでいます。

のどかな雰囲気、本当に営業中でしょうか?

厩舎の中にはこんなポニーが、前足そろえてお出迎え。

あんたは、カシミールの山岳ヤギか(?)

裏へ回れば色づき始めた木々の中、たたずむ一頭。

『天高く 秋の陽だまり 何思う。』 などと風流していると

じぇったい なにも考えてましぇ〜〜ん。」

と、横から場長Wさんの声。

では、営業風景を、

馬場ではレッスン。

近くの草原への外乗も楽しめます。

まったりとした1日を過ごさせていただきました。

「みちくさ」さん、ありがとうございました。

2016年11月

7月に避難解除になったものの、いまだ修理中の家が目立ちます。

壁の補修あとが生々しい。

早く『自宅』に住める日がくるといいですね。

この家はまだ帰られていないのでしょう。

草が生え、5年以上の月日が流れています。

人が住まない家は寂しげです。
道も人影は無く、解体作業や除染作業をしている方が目立ちます。
 

一方、希望も見えます。

小高の災害公営も大分入居が進み、集会所でもイベントが開かれているようです。
新たなご近所さんとの近所付き合いも楽しみの一つになる事でしょう^^

避難解除になって2ヶ月。

小高駅前にも人通りが戻ってきたようです。

魚屋さんが店を開いています。

秋の味、さんまも並んでいます。美味しそう!!

はて、この魚屋さんどこかでお見かけしたような??

そうです。角川原仮設におられた谷地さんです。

小高町に戻られて、絶賛営業中です !!

みなさん、ご贔屓にぃ〜

〒975-0006

福島県南相馬市橋本町1-15

カリタス南相馬内

和サロン眞こころ

Phone 0244-26-7718

   (呼出 眞こころ)

FAX  0244-26-8007

Email

matuno100100@yahoo.co.jp

Copyright(C) 2011 team yape minamisouma All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now